北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は29日、米国が「朝鮮と軍事的に対決しようとする野心を執ように追求している」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、米国と韓国が8月に合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」を予定していることに言及。「これは米国が朝鮮半島での緊張緩和と平和を願っておらず、朝鮮と軍事的に対決しようとする野心を執ように追求していることを物語っている」と断じた。

論評は、年初からの北朝鮮の対話路線は、平和を希求する人類の声に応えた「主導的な措置」であると強調。「しかし、米国はわれわれの平和愛好的な努力をあたかも自分らの『制裁・圧迫の結果』であるかのように誤って判断」していると非難した。

さらに、「平和を重んじ、そのために全力を尽くそうとするわれわれの意志には変わりがないが、米国がわれわれとの軍事的対決を本当に願うなら、あえて拒まない」と主張。「われわれは、米国に平和を絶対に哀願しない」と述べた。

同通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 朝鮮との軍事的対決の野心を執ように追求している米国を糾弾

【平壌5月29日発朝鮮中央通信】29日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、米国が朝鮮半島に平和と緊張緩和を定着させるための朝鮮の努力にもかかわらず、8月にも「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」合同軍事演習を強行しようとしていると明らかにした。

同紙は、これは米国が朝鮮半島での緊張緩和と平和を願っておらず、朝鮮と軍事的に対決しようとする野心を執ように追求していることを物語っているとし、次のように強調した。

われわれが年頭から北南関係の改善と朝鮮半島での緊張状態緩和のための画期的な提案を打ち出して主動的な措置を連続講じたのは、朝鮮半島での緊張状態を緩和し、この地で二度と戦争が起こらないことを願う全同胞と平和に対する人類の渇望を重んじたからである。

しかし、米国はわれわれの平和愛好的な努力をあたかも自分らの「制裁・圧迫の結果」であるかのように誤って判断し、平和があたかも誰それに与えるプレゼントでもあるかのように生意気に振る舞っている。

相対的に力の弱い者にはそれが通じるかも知れないが、世界的な戦略国家の地位に堂々と浮上したわれわれには絶対に通じない。

平和を重んじ、そのために全力を尽くそうとするわれわれの意志には変わりがないが、米国がわれわれとの軍事的対決を本当に願うなら、あえて拒まないというのがわれわれの原則的立場である。

われわれは、米国に平和を絶対に哀願しない。---

    関連記事