人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

しかし、米国はわれわれの平和愛好的な努力をあたかも自分らの「制裁・圧迫の結果」であるかのように誤って判断し、平和があたかも誰それに与えるプレゼントでもあるかのように生意気に振る舞っている。

相対的に力の弱い者にはそれが通じるかも知れないが、世界的な戦略国家の地位に堂々と浮上したわれわれには絶対に通じない。

平和を重んじ、そのために全力を尽くそうとするわれわれの意志には変わりがないが、米国がわれわれとの軍事的対決を本当に願うなら、あえて拒まないというのがわれわれの原則的立場である。

われわれは、米国に平和を絶対に哀願しない。---

    関連記事