北朝鮮国営の朝鮮中央通信は25日、「朝鮮労働党中央委員会第7期第3回総会の決定によって、朝鮮北部の核実験場が完全に廃棄された」と伝えた。

同通信は「核実験場の坑道と観測所、指揮所、研究所に展開されていた各種の設備と情報通信および動力系統、建設および運営装備が解体、撤去された」とし、「核実験場を完全に廃棄する儀式が、24日に行われた」と報じた。

一方、同通信によれば、北朝鮮の朝鮮核兵器研究所は24日に声明を発表。廃棄作業では「放射性物質の漏出現象が全くなく、周囲の生態環境にいかなる否定的影響も与えなかったということが確認された」と述べた。

声明はさらに、当該地域からの人員撤収後に「核実験場の周辺を完全に閉鎖する」と説明。また、「核実験場の2つの坑道が任意の時刻に威力の大きい地下核実験を円滑に行える利用可能な水準にあったということが、国内記者と国際記者団によって確認された」とした。

一連の報道全文は次のとおり。

朝鮮が北部核実験場を完全に廃棄

【平壌5月25日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会第7期第3回総会の決定によって、朝鮮北部の核実験場が完全に廃棄された。

朝鮮核兵器研究所をはじめ当該機関では、核実験場を廃棄することに関する朝鮮労働党中央委員会4月総会の決定が発表された後、核実験に関連する全ての準備と工事を即時中止し、段階別に廃棄作業を行ってきた。

核実験場の坑道と観測所、指揮所、研究所に展開されていた各種の設備と情報通信および動力系統、建設および運営装備が解体、撤去された。

朝鮮北部の核実験場を完全に廃棄する儀式が、24日に行われた。

核実験場の廃棄状況を中国、ロシア、米国、英国、南朝鮮の記者らが現地で直接取材、撮影した。

国際記者団のメンバーは、北部核実験場の廃棄方法と手順についての解説を受けた後、かつて核実験を行った坑道と威力ある核実験を即時安全に断行する準備ができている坑道、そして観測所を見て回った。

続けて、核実験場の全ての坑道を爆発の方法で崩落させて入り口を閉鎖し、観測所などの地上構造物を全部爆破する作業が順次的に透明性あるように行われた。

作業が完了した後、現地で朝鮮核兵器研究所の声明が発表された。

核実験場の廃棄は、核実験の全面中止に向けた国際的な志向と努力に合流し、核兵器なき世界の建設に積極的に寄与しようとする朝鮮政府の確固不動の平和愛好的立場の明確な表しとなる。―――

朝鮮核兵器研究所の声明

【平壌5月24日発朝鮮中央通信】朝鮮核兵器研究所は24日、次のような声明を発表した。

朝鮮労働党中央委員会第7期第3回総会の決定に従って核兵器研究所が、チュチェ107(2018)年5月24日、核実験中止を透明性あるものに保証するために朝鮮の北部核実験場を完全に廃棄する儀式を行った。

核実験場の廃棄は、核実験場の全ての坑道を爆発の方法で崩落させ、坑道の入り口を完全に閉鎖すると同時に、現地にあった一部の警備施設と観測所を爆破させる方法で行われ、放射性物質の漏出現象が全くなく、周囲の生態環境にいかなる否定的影響も与えなかったということが確認された。

地上の全ての観測設備と研究所、警備区分隊の構造物が順次的に撤去され、当該のメンバーが撤収するにつれて核実験場の周辺を完全に閉鎖することになる。

核実験場の2つの坑道が任意の時刻に威力の大きい地下核実験を円滑に行える利用可能な水準にあったということが、国内記者と国際記者団によって確認された。

透明性が徹底的に保障された核実験場の廃棄を通じて、朝鮮半島と世界の平和と安定のために傾けている朝鮮政府の主動的かつ平和愛好的な努力が再度明白に実証された。

核実験の中止は、世界的な核軍縮のための重要な過程であり、われわれは今後も核兵器なき平和な世界、人類の夢と理想が実現された自主化の新世界を建設するために世界の平和愛好人民と固く手を取り合って進むであろう。---

    関連記事