人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 米国の世界制覇野望は変わらない

【平壌5月17日発朝鮮中央通信】先日、米議会下院が7170億ドルに及ぶ軍事予算を含めた2019会計年度国家防衛権限法案を作成した。

米国の膨大な軍事費は地球上のほとんど全ての地域、大陸に展開された米軍基地と各種の武装装備、国防総省をはじめとする機構の維持、新しい武力編成と先端軍事技術開発などにやたらに蕩尽(とうじん)される。

17日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、これは米国が世界の多極化を阻み、一極化をあくまでも維持しようとするということを示していると暴いた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同紙は、米国は世界を単独で支配しながら自分の好みに合わせて変えようとする野望をひと時も捨てていないとし、次のように指摘した。

米国は、軍事費を力の大きさのように見なしている。

    関連記事