北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は8日、日本の安倍政権が「朝鮮半島に流れる統一の熱気に水を差したくて狂奔」していると非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「世がいかに変わるのかも知らずに、対朝鮮敵視政策から活路を見い出している日本反動層のこのような時代錯誤の妄動に国際社会が揶揄(やゆ)と嘲笑の洗礼を浴びせている」と主張。

(参考記事:日本は金正恩氏の対話路線を「徹底的にじゃま」すべきだ

続けて「運命の別れ道に孤独に立っている日本がまともなもてなしを受けたいなら、今からでも正しい行動を取るべき」などと述べた。