北朝鮮の金正恩党委員長は3日、訪朝中の中国の王毅国務委員(副首相級)兼外相と会談した。会談には中国外務省の孔鉉佑氏と駐朝中国大使の李進軍氏が同席した。朝鮮中央通信が4日、伝えた。

中国の王毅外相と会談した金正恩氏(2018年5月4日付朝鮮中央通信より)
中国の王毅外相と会談した金正恩氏(2018年5月4日付朝鮮中央通信より)

同通信によると、王毅外相は、中国の習近平国家主席が金正恩氏に送った温かいあいさつを丁重に伝え、金正恩氏はそれに謝意を表した。

金正恩氏は王毅外相に、「尊敬する習近平同志と兄弟の中国人民に送る自身とわが党と政府と人民の温かいあいさつを伝えることを頼んだ」と同通信は伝えた。

20180504金正恩中国外相06

会談では、「朝中両国間の団結と伝統的な友好・協力関係を全面的に継承して深化、発展させること」「朝鮮半島情勢の流れの発展方向と展望」などについて意見交換されたという。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が中国国務院の国務委員兼外交部長に接見

【平壌5月4日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長であるわが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が5月3日、訪朝中の中国国務院の王毅・国務委員兼外交部長に接見した。

中国外交部の孔鉉佑副部長、李進軍駐朝中国大使が陪席した。

金正恩委員長は、王毅部長とほとんど1カ月ぶりに再会できたことを非常に喜び、懐かしくあいさつを交わした。

金正恩委員長は続けて、王毅部長と談話した。

王毅部長は席上、最高指導者金正恩同志に送った中国共産党中央委員会総書記で中国国家主席である習近平同志の温かいあいさつを丁重に伝えた。

金正恩委員長はそれに謝意を表し、尊敬する習近平同志と兄弟の中国人民に送る自身とわが党と政府と人民の温かいあいさつを伝えることを頼んだ。

接見では、朝中両国間の団結と伝統的な友好・協力関係を全面的に継承して深化、発展させることと、朝鮮半島情勢の流れの発展方向と展望など、互いに関心を寄せる問題に対する幅広くて深みのある意見交換があった。

談話は終始、同志的かつ和気あいあいとした雰囲気の中で行われた。

金正恩委員長は、王毅部長と立派な談話をして重要な問題に対する朝中の見解を再確認し、意見を交換したことに大きな満足の意を表した。

金正恩委員長は王毅部長と熱く抱擁し、別れのあいさつを交わした。---

    関連記事