同紙は、哀れな島国一族の醜態は大勢の流れから押し出されて独りぼっちの境遇になったことに対するヒステリックな狂奔であると嘲笑(ちょうしょう)し、次のように明らかにした。

日本反動層の反朝鮮対決策動は自分らの軍事大国化、海外膨張野望が水泡に帰していることに対する極度の不安、焦燥感の発露でもある。

日本は、今のように変わった世でいかに行動するのが賢明なのかということについて、そのすばしこい頭でよく打算してみて慎重に行動するのがよい。

今のように憎たらしく振る舞っては平壌に通じる道に自らより高い障壁を積み、馬に混じりたる牛の境遇になって世からさらに孤立し、排斥される結果しかもたらさないということを銘記すべきである。---

    関連記事