韓国の文在寅大統領は29日午前、安倍晋三首相と電話会談し、27日の南北首脳会談で北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)に日本人拉致問題を提起したことや、金正恩氏が「日本と対話する用意がある」と表明したことを伝え、「北と日本の橋渡しをする」と約束した。韓国青瓦台(大統領府)が発表した。

安倍氏は電話会談後、官邸で記者団に「拉致、日朝関係について、金委員長に私の考えを伝えていただいた。文氏の誠意に感謝したい」と語った。

安倍氏はこれに続き、南北首脳会談に同席した徐薫(ソ・フン)国家情報院長と首相官邸で面談し、さらに詳細な説明を受けた。