論評の全文は次のとおり。

旧態を捨てないなら未来がない 朝鮮中央通信社論評

【平壌4月28日発朝鮮中央通信】周知のように今、朝鮮半島を巡る情勢は良好に発展している。

ところが、ただ日本だけが火床の上に座っているようにいらいらして全てのことにひねくれたことを言っている。

世界がわれわれの核実験中止措置を口を極めて歓迎している時に、日本の防衛相なる者が朝鮮の核実験中止措置が満足できるものではない、日本は引き続き最大限の圧迫を加えるという妄言を吐いたのが、その代表的実例である。

実に、朝鮮半島と地域に流れる平和的気流もまともに感触できないドンキホーテのようなほらだと言わざるを得ない。

すばしこいという日本が、時代錯誤のドンキホーテの役を恣行する理由は、ほかにあるのではない。

    関連記事