北朝鮮の金正恩党委員長が27日未明、板門店で同日行う南北首脳会談に出席するため、平壌を出発した。朝鮮中央通信が同日朝に伝えた。

同通信は会談について「民族分断史上初めて南側地域で行われる」「歴史的な会談」などとし、「金正恩委員長は、文在寅大統領と北南関係を改善し、朝鮮半島の平和と繁栄、統一を成し遂げるうえで提起される諸般の問題について虚心坦懐に論議することになる」と述べている。

会談の日程については「金正恩委員長は、27日の午前と午後に続いて夜まで北南首脳の対面と会談の日程を終えた後、平壌に戻ってくることになる」としている。

同通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が歴史的な北南首脳の対面と会談のために平壌を出発

【平壌4月27日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長であるわが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が、板門店南側地域で開かれる歴史的な北南首脳の対面と会談のために4月27日未明、平壌を出発した。

今回の北南首脳の対面と会談は、民族分断史上初めて南側地域で行われる。

金正恩委員長は4月27日の午前9時、板門店の分離線を越えて文在寅大統領と対面し、歴史的な会談を行うことになる。

金正恩委員長は、文在寅大統領と北南関係を改善し、朝鮮半島の平和と繁栄、統一を成し遂げるうえで提起される諸般の問題について虚心坦懐に論議することになる。

金正恩委員長は、27日の午前と午後に続いて夜まで北南首脳の対面と会談の日程を終えた後、平壌に戻ってくることになる。---

    関連記事