中国芸術団の公演を鑑賞

金正恩党委員長の夫人である李雪主(リ・ソルチュ)氏が14日、朝鮮労働党と政府の幹部らとともに、第31回4月の春親善芸術祭典に参加した中国芸術団の公演を鑑賞した。朝鮮中央通信が伝えた。

李雪主氏は公演開始に先立ち、中国共産党の宋濤対外連絡部長らと面談した。

李雪主氏が金正恩氏に同行するのではなく単独で、党・政府の幹部らとともに重要イベントに参加し、それを北朝鮮メディアが報道するのは異例。また今回の報道で初めて「尊敬する李雪主女史」との表現が用いられた。

また、朝鮮労働党機関紙・労働新聞のウェブサイトはこのニュースを、一般の報道記事より重要度の高い「革命活動報道」の欄に掲載した。同欄には通常、金正恩氏の動静に関する記事だけが掲載される。

北朝鮮は今後、李雪主氏のファーストレディーとしての権威を高める作業を本格化させる可能性がある。

同行した幹部は、崔龍海(チェ・リョンヘ)、李洙墉(リ・スヨン)、金英哲(キム・ヨンチョル)、金与正(キム・ヨジョン)、朴春男(パク・チュンナム)の各氏。公演内容は、中国中央バレー舞踊団の「ジゼル」だった。