朝鮮中央通信が配信した、北朝鮮最高人民会議第13期第6回会議における朴奉珠(パク・ポンジュ)内閣総理の報告内容全文は次のとおり。

内閣の昨年の活動状況と今年の課題に対する報告

【平壌4月12日発朝鮮中央通信】11日に行われた最高人民会議第13期第6回会議で、内閣総理である朴奉珠代議員が国家経済発展5カ年戦略遂行のための内閣のチュチェ106(2017)年の活動状況とチュチェ107(2018)年の課題について報告した。

報告者は、昨年は最高指導者金正恩委員長の卓越して洗練された指導の下でわれわれの前進途上に横たわった類例のない厳しい挑戦を撃退し、国家経済発展5カ年戦略の遂行において大きな前進を遂げた偉大な勝利の年であったと強調した。

報告によると、内閣は昨年、朝鮮労働党が提示した国家経済発展5カ年戦略に従って電力生産の土台を拡大強化し、チュチェ鉄生産システムを完成し、化学工業の自立性を実現することに国家的な力を集中しながら、自給自足の原則に基づいて設備、原料、資材の国産化を実現して生産を活性化することに重点を置いて国の経済全般をより高い段階に引き上げるための闘いを策定して行った。

人民経済の全ての部門、全ての単位で自力自強の創造大戦を力強く繰り広げて数多くの工場・企業が年間工業総生産額計画を遂行し、党の指導業績が宿っている各単位が年間人民経済計画を遂行した。

    関連記事