北朝鮮の平壌の人民文化宮殿で11日、金正恩党委員長の朝鮮労働党と国家の最高首位推挙6周年を祝賀する中央報告大会が開かれた。朝鮮中央通信が12日、伝えた。

金正恩氏の最高首位推挙6周年祝賀中央報告大会(2018年4月12日付労働新聞より)
金正恩氏の最高首位推挙6周年祝賀中央報告大会(2018年4月12日付労働新聞より)

大会には、金永南(キム・ヨンナム)、崔龍海(チェ・リョンヘ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)の各氏をはじめ、内閣、党、政府、武力機関の責任幹部や、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の将兵、万景台(マンギョンデ)革命学院、康盤石(カン・バンソク)革命学院の教職員、生徒、平壌市内の企業、工場などの活動家、労働者らが参加した。

崔龍海氏が報告を行い、「最高指導者金正恩委員長が党と国家を導くようになったので、朝鮮労働党の指導的権威がさらに高まり、朝鮮の戦略的地位と強大無比の国力が力強く宣揚されるようになり、朝鮮革命は最後の勝利を目指して信念に満ちて前進できるようになった」と述べた。

さらに、「金正恩委員長のようにそれほど短い期間に一国、一民族の尊厳と地位を最上の域に引き上げ、社会主義国力強化の新しい歴史を創造していく希世の英雄、不世出の愛国者が記されていない」と語った。

その上で、「みんなが最高指導者金正恩委員長の周りに固く団結してチュチェ革命偉業の最後の勝利を目指して力強く闘っていこう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

中央報告大会

【平壌4月12日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩委員長の朝鮮労働党と国家の最高の首位推挙6周年祝賀中央報告大会が11日、平壌の人民文化宮殿で行われた。

大会には、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である朝鮮最高人民会議常任委員会の金永南委員長、党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮国務委員会副委員長である崔龍海党副委員長、党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮国務委員会副委員長である朴奉珠内閣総理、党と政府の活動家、友党委員長、武力機関の責任活動家、最高人民会議代議員、党中央委員会、武力、省・中央機関の活動家、朝鮮人民軍、朝鮮人民内務軍の将兵、万景台革命学院、康盤石革命学院の教職員、生徒、平壌市内の機関、工場、企業の活動家、労働革新者が参加した。

崔龍海党副委員長が報告を行った。

報告者は、金正恩委員長を朝鮮革命の最高の首位にいただいたのは祖国と人民の最大の栄光であり、チュチェ偉業の継承、達成において大きな歴史的意義を持つ民族史的大慶事であると強調した。

また、最高指導者金正恩委員長が党と国家を導くようになったので、朝鮮労働党の指導的権威がさらに高まり、朝鮮の戦略的地位と強大無比の国力が力強く宣揚されるようになり、朝鮮革命は最後の勝利を目指して信念に満ちて前進できるようになったと述べた。

そして、これまでの6年間は金正恩委員長の特出かつ非凡な指導の下、社会主義朝鮮の総合的国力が民族史上最高の域に上がった驚異的な日々であったということについて明らかにした。

続けて、人類政治史には金正恩委員長のようにそれほど短い期間に一国、一民族の尊厳と地位を最上の域に引き上げ、社会主義国力強化の新しい歴史を創造していく希世の英雄、不世出の愛国者が記されていないと語った。

さらに、祖国と人民は帝国主義の侵略脅威を終息させ、子孫万代の幸福と燦爛(さんらん)たる未来を確固と保証してくれた最高指導者金正恩委員長の大いなる恩恵と希世の愛国業績を永遠に忘れず、代々孫々伝えていくと述べた。

報告者は、金正恩委員長は祖国の自主的尊厳と国力を世界に宣揚したチュチェ朝鮮の強大な力であり、21世紀を導く偉大な太陽であるとし、みんなが最高指導者金正恩委員長の周りに固く団結してチュチェ革命偉業の最後の勝利を目指して力強く闘っていこうと強調した。---

    関連記事