北朝鮮の朝鮮祖国平和統一委員会(祖平統)は5日、不世出の偉人たちの民族大団結業績を伝える備忘録を発表した。金日成主席が「祖国統一のための全民族大団結10大綱領」を発表して25年となったのに際し、金日成氏と金正日総書記、金正恩党委員長らの「民族大団結業績を伝える」とする備忘録を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

備忘録はまず、金日成・正日の両氏についてそれぞれ次のように指摘した。

「金日成主席は、独創的な民族大団結の思想を打ち出して革命指導の全期間、一貫して具現して祖国統一の強力な主体をもたらした不世出の愛国者である」

「金正日総書記は、金日成主席の民族大団結思想を立派に具現した不世出の大聖人である」

これに続き、金正恩氏については次のように述べている。

「金正恩委員長は、主席と総書記の民族大団結の思想と路線を変わることなく固守し、継承、発展させて自主統一の新時代を開いていく祖国統一の偉大な星である。

金正恩委員長は、内外の反統一勢力の悪らつな反朝鮮策動によって日ごとに激化する北南間の不信と対決を防ぎ、和解と団結の雰囲気をもたらし、祖国統一の新しい全盛期を開いていくための現実的な方途を内外に闡明(せんめい)し、その実現のための闘いを精力的に導いた。

(中略)

金正恩委員長はこんにち、民族大団結の崇高な志と度量の大きい決断で北南関係において劇的な転換をもたらしている」

こうした内容から、備忘録には、金正恩氏が主導する韓国との対話路線が、金日成・正日氏の思想に基づく正統なものであることを強調する目的があるものと思われる。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

祖平統が不世出の偉人たちの民族大団結業績を伝える備忘録を発表

【平壌4月5日発朝鮮中央通信】金日成主席が著作「祖国統一のための全民族大団結10大綱領」を発表した25周年に際して朝鮮祖国平和統一委員会(祖平統)は5日、不世出の偉人たちの民族大団結業績を伝える備忘録を発表した。

備忘録は、次のように強調した。

金日成主席は、独創的な民族大団結の思想を打ち出して革命指導の全期間、一貫して具現して祖国統一の強力な主体をもたらした不世出の愛国者である。

主席は、いつも主体的立場に確固と立って民族問題解決の根本方途を民族の大団結から見い出し、民族の団結した力で国の統一偉業を実現するために実に大いなる労苦をささげた。

金日成主席は、外部勢力によって国が分裂した初日から民族の大団結を祖国統一の天下の大本とし、全同胞を愛国・愛族の旗印の下に一つに結集させるためにあらゆる労苦をささげ、心血を注いだ。

主席は、限りなく広い度量と包容力で祖国の統一を願う人なら政見と主義・主張はもちろん、忌まわしい過去も不問に付し、温かく抱いて統一愛国の道に立たせた。

金正日総書記は、金日成主席の民族大団結思想を立派に具現した不世出の大聖人である。

総書記は、主席の民族大団結思想を最も崇高な高さで完璧(かんぺき)に体現し、新しい時代の要求に即してさらに深化、発展させた。

総書記は、主席の志と遺訓を体して民族大団結偉業をいっそう活力あるものに前進させた。

金正日総書記は、遠大な祖国統一の構想と限りなく広い度量、熱い同胞愛で民族大団結の新しい転機を開いた。

金日成主席と金正日総書記の一生が宿っている祖国統一偉業はこんにち、もう一人の傑出した偉人であり、不世出の愛国者である最高指導者金正恩委員長の卓越かつ洗練された指導の下で新しい転換期を迎えている。

金正恩委員長は、主席と総書記の民族大団結の思想と路線を変わることなく固守し、継承、発展させて自主統一の新時代を開いていく祖国統一の偉大な星である。

金正恩委員長は、内外の反統一勢力の悪らつな反朝鮮策動によって日ごとに激化する北南間の不信と対決を防ぎ、和解と団結の雰囲気をもたらし、祖国統一の新しい全盛期を開いていくための現実的な方途を内外に闡明(せんめい)し、その実現のための闘いを精力的に導いた。

主席と総書記の崇高な民族愛と天のような徳望をそのまま身につけた金正恩委員長は、南朝鮮から来た人士たちと海外同胞たちに温かく会い、民族大団結の道へと手を取って導いた。

金正恩委員長はこんにち、民族大団結の崇高な志と度量の大きい決断で北南関係において劇的な転換をもたらしている。

実に、最高指導者金正恩委員長の愛国・愛族の思想と志を支えていくところに民族大団結の洋々たる前途と祖国統一の明るい未来がある。---

    関連記事