北朝鮮国営の朝鮮中央通信は4日、韓国海軍艦艇の沈没を北朝鮮の仕業と見る韓国政府の姿勢が、南北対話の妨げになるとする論評を配信した。同じ問題を巡り、朝鮮労働党機関紙の労働新聞も前日、同様の論評を掲載している。

韓国海軍の哨戒艦「天安」が2010年3月26日に沈没した事件は、北朝鮮による魚雷攻撃によるものであることが確実視されているが、北朝鮮は一貫して否定している。

韓国はこの日を「西海守護の日」として定め、毎年、犠牲者を悼む式典を行っている。論評は、今年の式典での韓国政府高官の発言などを問題視し、「積弊清算をけん伝する現南朝鮮当局が反朝鮮対決謀略劇を引き続きとらえて同族対決に使う時代錯誤の妄動に執着しているのだから、これいかに対話の場に出た正しい立場だと言えようか」と主張。

続けて「表裏のある二重的な行為は、北南関係の順調な発展に阻害をもたらすだけである。南朝鮮当局は、今のように重大な時期に軽率に振舞っていれば、ひどい目にあうことになるということを銘記する方がよかろう」と述べ、南北対話の中断をにおわせながら、韓国の文在寅政権に揺さぶりをかけている。