論評の全文は次のとおり。

対話の相手を否定して誰と対話するつもりか 朝鮮中央通信社論評

【平壌4月3日発朝鮮中央通信】南朝鮮当局が対話の幕の裏で、不純な行為をはばかることなくこととしている。

去る3月23日、国連人権理事会第37回会議で米国、日本をはじめ敵対勢力の主導下にわれわれに言い掛かりをつける「人権決議案」が採択されると、外交部のスポークスマンなる者を推し立ててそれを「歓迎する」「北の人権状況を改善するために国際社会と共に持続的に努めていく」という立場を発表した。

これは、われわれに対する政治的挑発であり、対話の雰囲気に逆行する許せない妄動である。

敵対勢力がまたもやつくり上げた対朝鮮「人権決議案」は、われわれを極度に悪魔化することによって朝鮮の自主権と尊厳をき損する一方、それを口実に国際的制裁・圧迫の度合いをさらに強め、ひいては「体制転覆」を実現してみようとする犯罪と謀略の所産である。

敵対勢力は「人権問題」を口実に他国の内政に干渉することを対外戦略実現の主要手口として、対朝鮮圧殺騒動にも積極的に活用してきた。

ところが、南朝鮮当局がそれに相づちを打って、表では対話を、裏では「北の人権」をうんぬんしているのだから、その二面主義的行為は和解を願う心に疑問だけを増している。

    関連記事