北朝鮮の金正恩党委員長が3月25日から電撃的に北京を訪問し、中国の習近平国家主席と会談した。金正恩氏は李雪主(リ・ソルチュ)夫人を同伴したが、中国のネットユーザーの間では彼女に注目が集まっているという。

虐殺された芸術団員

今回の訪中における李雪主氏の同伴はある種のリスクをはらんでいた。2013年、親中派と見られていた張成沢(チャン・ソンテク)氏が粛清・処刑されて以降、北朝鮮では粛清の嵐が吹き荒れた。このなかで李雪主氏が所属していた銀河水管弦楽団もスキャンダル騒動に巻き込まれ、団員が虐殺された。

(参考記事:「芸術団虐殺事件」に隠された金正恩夫人の男性スキャンダル

李雪主氏が訪中すれば、中国でも過去のスキャンダルが蒸し返される可能性があった。しかし、香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、中国のネットユーザーの間で李雪主氏は概ね好感をもたれているという。

なかには、習近平氏の妻である彭麗媛氏と李雪主氏のファッションを比較し、「李雪主氏が美しく見えた」などの書き込みもあったが、中国当局の検閲によって削除されたと同紙は伝えた。

北朝鮮の最高指導者が、夫人同伴で外遊するのは初のケースだ。金正恩氏の祖父・金日成主席の最初の妻で金正日氏の実母である金正淑(キム・ジョンスク)氏は、国母として神格化されている。また、金日成氏の後妻である金聖愛(キム・ソンエ)氏は、一時的に公職に就いたことはあるものの、夫婦仲良く公の場に登場することはほとんどなかった。

金正日氏が妻を公の場に登場させたことは皆無だった。金正日氏は、「権力層に仕える女性」たちを選抜、管理する「5課処女」というシステムをつくりあげるほど女性に対する執着心は相当強かった。そのためか、女性遍歴が複雑で妻の存在を明かせなかったようだ。

(参考記事:北朝鮮の「喜び組」に新証言…韓国テレビ「最高指導層の夜の奉仕は木蘭組」

一方、金正恩氏は早々と李雪主氏の存在を明らかにしていた。最高指導者に就任翌年の2012年には、遊園地の竣工式に李雪主氏とともに訪れ、北朝鮮ウォッチャーを驚かせた。

(参考記事:【写真特集】李雪主――金正恩氏の美貌の妻

そして、今回は初外遊に夫人同伴で臨んだのである。その狙いは、世界的に見ても若いファーストレディー・李雪主氏を公の場に登場させて、自身のネガティブなイメージを払拭させることだろう。中朝に限らず、国際外交でファーストレディーに求められるのはイメージアップに尽きる。

また、金正恩氏が外遊で抱えるであろうストレスを解く役割もあるかもしれない。金正恩氏は習近平氏との会談で、北朝鮮では決して見せない硬い表情をしていた。トイレ付きと噂されている専用ベンツまで持ち込んだようだが、会談だけでなく訪中時の精神的プレッシャーは尋常ではなかっただろう。

(参考記事:金正恩氏が習近平氏の前で大人しくなった…「必死のメモ」と強ばった笑顔

金正恩氏が李雪主氏の同伴などを通じて、過去の北朝鮮のイメージを変えようとしていることは疑いようがない。今月27日に開かれる南北首脳会談、5月に予定されている米朝首脳会談でも、あっと驚く演出で周囲を驚愕させるかもしれない。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記