金正恩氏は「4月の初め、政治日程が複雑で時間を割くことができないと思って今日、遅くても平壌に招請した南側芸術団の公演を観るために来た」と述べながら、韓国芸術団に謝意を表したという。

同通信は、公演に「南側の有名な人気俳優が出演して自分らの愛唱曲を熱唱した」と報じたが、歌手名には言及していない。

金正恩氏は公演後、韓国芸術団の一人一人と握手し、「わが人民が南側の大衆芸術に対する理解を深めて心から歓呼する姿を見ながら胸がいっぱいになり、感動を禁じ得なかった」と語った。

    関連記事