北朝鮮の国内メディアが、金正恩党委員長の中国訪問(25~28日)の意義強調に力を入れている。

朝鮮中央通信によれば、朝鮮労働党機関紙・労働新聞は30日付の社説で、「朝中両国の社会主義制度を強固にうち固め、両国人民に幸福と未来を与えるための共同の意志を確言したというところに、金正恩委員長の中国訪問が持つ大きな意義がある」と指摘。

また、「先代領袖たちが譲り渡した貴い遺産、共同の財産である朝中親善の長い歴史的伝統と革命的信義を変わることなく守り、朝中関係を代を継いで立派に継承し、発展させていこうとする意志の発現である」と称えている。

内閣などの機関紙・民主朝鮮も同日付の社説で、「金正恩委員長が中国訪問の日々に収めた大きな成果と輝かしい業績は朝中親善の歴史とともに末永く輝くだろう」と強調している。