北朝鮮の金正恩党委員長が25日から28日まで中国を非公式に訪問し、習近平国家主席と会談を行ったと中国の新華社通信が報じた。

中国側の招待に応じる形で行われた今回の会談では、主に朝鮮半島情勢について意見交換が行われた。

習近平氏は、朝鮮半島情勢について「北朝鮮の努力を称賛する」と評価した上で、「中国は朝鮮半島問題において引き続き建設的な役割を果たし、ともに情勢の緩和を推し進めたい」と述べた。

一方で金正恩氏は、「我々自らが緊張を和らげるための措置を講じ、平和対話の提案を提唱し、金日成主席と金正日総書記の遺訓にのっとり、非核化のために努力することはわれわれの変わらぬ立場」だと述べた。

また、4月と5月に開催予定の南北、米朝首脳会談にも触れ、「米韓がわれわれの努力に善意で応え、和平ムードを作り平和を達成すれば、非核化の問題は解決できるだろう」とも述べた。

金正恩氏の今回の訪中には、李雪主(リ・ソルチュ)夫人、崔龍海(チェ・リョンヘ)氏、朴光浩(パク・クァンホ)氏、李洙墉(リ・スヨン)氏、金英哲(キム・ヨンチョル)氏、李容浩(リ・ヨンホ)氏らが同行した。

金正恩氏が国家元首として海外を訪問するのは、今回が初めてだ。また、北朝鮮の最高指導者の訪中は、2011年5月の金正日総書記以来のこととなる。

(関連記事:金正恩氏の周辺で起きた「不可解な出来事」…中国訪問「厳戒」の理由