北朝鮮の金正恩党委員長は21日、ラオス人民革命党(LPRP)創立63周年に際して、同党中央委員会のブンニャン・ヴォーラチット書記長に祝電を送った。これに対する答電がヴォーラチット氏から22日、寄せられた。朝鮮中央通信が24日、伝えた。

ヴォーラチット氏は答電で、「長い伝統を有するラオス人民民主共和国と朝鮮民主主義人民共和国の両党、両国政府と人民間の友好・協力関係がより拡大され、発展することを祈る」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長にラオス人民革命党中央委書記長から答電

【平壌3月24日発朝鮮中央通信】最高指導者である朝鮮国務委員会委員長の金正恩・朝鮮労働党委員長にラオス国家主席であるラオス人民革命党(LPRP)中央委員会のブンニャン・ウォラチット書記長から22日、答電が寄せられた。

その電文は、次の通り。

私は、あなたがLPRP創立63周年に際して熱烈な祝賀と祈りのあいさつ、そして美しい花籠を送ってくれたことにLPRP中央委員会と私自身の名義で心からの謝意を表する。

私は、あなたを首班とする朝鮮労働党の賢明かつ決断力のある指導の下で朝鮮民主主義人民共和国が社会主義強国の防衛と建設偉業の遂行においてさらなる新たな成果を引き続き収めると確信する。

私は、あなたが健康で、崇高な活動において成果を収めることを願う。

私は、長い伝統を有するラオス人民民主共和国と朝鮮民主主義人民共和国の両党、両国政府と人民間の友好・協力関係がより拡大され、発展することを祈る。---

    関連記事