米国は、この世にまたとない人権の不毛の地、民主主義のツンドラである。

世界に200以上の国と地域があるが、米国のように各種の犯罪が蔓延し、警察が無防備状態の人々をむやみに殺害する人権蹂躙国はない。

米国が他国で働く蛮行も、世界を驚愕させている。

米国こそ、支配主義野望の実現のためには血なまぐさい人間殺りく行為もためらわない人権蹂躙の元凶、平和の絞殺者である。

米国が「人権問題」を取り上げて反朝鮮圧殺野望を実現しようと愚かに画策しているが、そのような試みはわれわれに絶対に通じない。

米国に明白に言っておくが、朝鮮の社会主義は人間を最も重んじる人民大衆中心の社会である。

深刻な人権問題はまさに、米国にある。---

    関連記事