北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は13日、「自衛隊の存在を明記する憲法改正を急ぐ」と、日本の安倍晋三首相を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

安倍氏は先月5日の衆院予算委員会で、憲法に自衛隊の存在を明記することについて「国の安全の根幹に関わり憲法改正の十分な理由になる」と述べた。

論評では、安倍氏が「正規武力としての『自衛隊』の存在を明記」することを狙っているとし、過去数十年間「日本の『自衛隊』は『専守防衛』の水準を凌いで、海外侵略のための完全な攻撃武力として質的・量的変化をはっきりもたらした」と分析した。

また、「海外侵略のために達成すべき基本目標は、日本を『戦争が可能な国』に作るための憲法改正のみだということが日本反動層の打算である」との見解を示した。

その上で、「恥ずべき歴史の教訓を忘却した日本反動層の愚かな妄動は必ず、日本の終えんにつながる」と、強く日本をけん制した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 憲法改正を促そうとする安倍の妄動を暴露、糾弾

【平壌3月13日発朝鮮中央通信】先日、日本首相の安倍は衆院予算委員会で「自衛隊」が憲法に合致するというとんでもないほらを吹いたあげく、「自衛隊」違憲論に終止符を打つべきだと力説した。

そして、与野党に憲法第9条2項を維持した状態での「自衛隊」の存在を明記する憲法改正を急ぐことを露骨に強迫した。

13日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは日本の反動層が海外膨張野望によってどれほど熱しているのかを如実に見せていると暴露した。

同紙は、いわゆる「日本の安全」を口実に戦争と武力行使の永久放棄を明記した「平和憲法」を「改正」すべきだというしつこい主張の中で「改憲案」が作成され、今はそれが安倍政権が追求する総体的目標にまでなっているとし、次のように明らかにした。

ここで安倍政権が狙う核心の一つがまさに、正規武力としての「自衛隊」の存在の明記である。

数十年間、執ように進められた軍事大国化策動により、日本の「自衛隊」は「専守防衛」の水準を凌いで海外侵略のための完全な攻撃武力として質的・量的変化をはっきりもたらした。

このような中で、海外侵略のために達成すべき基本目標は、日本を「戦争が可能な国」に作るための憲法改正のみだということが日本反動層の打算である。

それゆえ、日本の反動層は内外の一様な反対・排撃にもかかわらず「自衛隊」の存在を明記した現行憲法の改悪にそれほどヒステリックに狂奔しているのである。

日本は、はっきり認識すべきである。

軍国主義馬車の終着点はただ、自滅のみである。

恥ずべき歴史の教訓を忘却した日本反動層の愚かな妄動は必ず、日本の終えんにつながるであろう。---

    関連記事