北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は12日、署名入りの論評を通じ、近ごろ韓国で太平洋戦争の末期に日本軍が朝鮮人慰安婦を虐殺する映像が公開されたことに対し、「日本こそ、朝鮮民族に極悪非道な犯罪を働いた千年来の敵だ」と批判した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

この映像は、韓国のソウル市とソウル大学人権センターが2月27日に発表したもの。中国雲南省で1944年9月15日に撮影されたとされるこの映像には、朝鮮人慰安婦が虐殺された後に埋められる場面が収められている。

同通信ではまた、「1944年9月13日、日帝(日本)侵略軍が性奴隷として連れていた30人の朝鮮女性を銃殺したことについて記録した連合軍作戦日誌も公開された」と指摘。

その上で「日本の反動層は血塗られた罪悪の歴史を認めて謝罪と賠償をする代わりに、むしろ性奴隷犯罪を正当化したあげく、しまいには米国を後ろ盾にして軍国主義復活に熱を上げながら再侵略企図を公然とさらけ出している」と日本を正面から批判した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 過去の罪悪を否定する日本反動層を糾弾

【平壌3月12日発朝鮮中央通信】最近、南朝鮮で過去に日帝が朝鮮人性奴隷を野獣のように虐殺した天人共に激怒する蛮行を立証する映像記録編集物が新しく公開された。

米国立文書保管所に所蔵されていたこの記録編集物は、第2次世界大戦の末期に野獣のような日帝が性奴隷生活を強要された朝鮮女性たちを無残に殺害した現場を撮影したものである。

記録編集物には、火に焦げた複数の死体が裸の状態で穴に放り出されている凄惨(せいさん)な光景が撮られている。

この記録編集物と共に1944年9月13日、日帝侵略軍が性奴隷として連れていた30人の朝鮮女性を銃殺したことについて記録した連合軍作戦日誌も公開された。

12日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは日本こそ、朝鮮民族に千秋に許せない極悪非道な犯罪を働いた千年来の敵だということを再度はっきり示していると明らかにした。

同紙は、しかし、日本の反動層は血塗られた罪悪の歴史を認めて謝罪と賠償をする代わりに、むしろ性奴隷犯罪を正当化したあげく、しまいには米国を後ろ盾にして軍国主義復活に熱を上げながら再侵略企図を公然とさらけ出していると糾弾した。

また、朝鮮民族に働いた日帝の天人共に激怒する罪悪は絶対に許されないとし、日本の反動層が自分らの過去の罪悪を否定し、引き続き破廉恥に振る舞うなら、与えられるものは悲劇的終えんだけであると強調した。---

    関連記事