韓国の文在寅大統領の特使団の一員として北朝鮮を訪問し、金正恩党委員長と面会した情報機関・国家情報院(国情院)の徐薫(ソ・フン)院長が12日から2日間の日程で日本を訪問し訪朝結果を説明する。10日、聯合ニュースが伝えた。

青瓦台(大統領府)国家安保室の南官杓(ナム・グァンピョ)第2次長も同行するという。