北朝鮮の金正恩党委員長は8日、シリアのバッシャール・アサド大統領に「3月8日革命」から55周年に際して祝電を送った。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

3月8日革命は、1963年にアラブ社会主義復興党(バアス党)地域指導部が権力を掌握したクーデター。アサド大統領の父であるハーフェズ・アサド元大統領らが主導した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩国務委員長がシリア大統領に祝電

【平壌3月8日発朝鮮中央通信】朝鮮国務委員会の金正恩委員長が、シリアのバッシャール・アサド大統領に8日、祝電を送った。

祝電の全文は、次の通り。

私は、シリアでの3月8日革命55周年に際してあなたに温かい祝賀を送る。

3月8日革命以降、シリアの軍隊と人民はバース・アラブ社会党の指導の下で自主的で繁栄する新社会の建設を目指す活動で大きな前進を成し遂げた。

私はこの機会に、国の安全と領土保全を守り抜くためのあなたと友好的なシリアの軍隊と人民の正義の偉業に固い支持と連帯を送ると共に、あなたが健康で責任ある活動でさらなる成果を収めることを願う。---

    関連記事