北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は8日、安倍政権を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、河野太郎外相が先月、フィンランド外相やシンガポール外相、モンゴル外相と会談し、北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり連携して対処することや圧力の強化を確認したことに対して、「国際舞台を訪ね回る河野の卑陋な哀願外交、日本の体質化した詐欺外交の実体だ」と非難した。

また、「米国宗主の対朝鮮圧迫拍子に合わせて踊らなければならないのが、手先である日本の哀れな立場である」と非難した。