韓国社会では、女性検事が上司の性暴力を告発したことをきっかけに、セクハラや性的虐待に対して声を上げる運動「#MeToo」が勢いを得ている。勇気ある女性たちによって、演劇界の大物脚本家、ノーベル文学賞候補と言われる詩人、大学教授を務める有名俳優など、著名人の加害事例が次から次へと暴露されている。

そんな中、「女性検事から勇気をもらった」と重い口を開き、自らの受けた性暴力の被害を告発したのは、北朝鮮で新体操のスター選手として活躍後に脱北し、韓国で新体操のコーチを務めているイ・ギョンヒさんだ。

彼女は、1987年から北朝鮮代表チームの一員として目覚ましい活躍を続けた。1991年に英国のシェフィールドで行われたユニバーシアードでは3つのメダルを獲得しており、まさに北朝鮮を代表する選手だった。2007年の脱北後には、韓国代表チームのコーチに就任し、今年からは代表チーム予備軍の監督を務めている。

そんなイさんは、韓国のテレビ局JTBCの調査報道番組に出演し、かつての上司に性暴力の被害に遭っていたことを実名で告白した。加害者は、2011年から2014年まで彼女の上司だった、大韓体操協会元専務理事のK氏。国際大会に出場する選手を選ぶ権限を持つ業界の権力者だ。性暴力のきっかけとなったのは、低すぎる報酬だった。

当時、韓国代表チームのコーチを務めていたイさんが協会から受け取っていた月給はわずか200万ウォン(約19万5000ウォン)。通常の練習に加え、海外遠征に行くにはあまりにも少ない額だった。そこで、賃上げを直談判するためにK氏を訪ねたが、彼の口から飛び出したのは「休憩しながら話そう」「モーテルに行こう」というものだった。

最初はモーテルがどのようなところかすらわからなかったというイさん。要求は何度も繰り返され、そのたびに拒否したが、「これぐらいどうした」「資本主義では、特に体操界ではこんなことぐらいかまわないんだ」などと暴言を吐かれ、身体的接触を強いられたという。

度重なる性暴力ですっかり心を病んでしまったイさん。心療内科に通い治療を受けるほどだったが、韓国社会で立場の弱い脱北者としては、上司であるK氏を訴えることは困難だったという。耐えられなくなったイさんは、辞職届を出すためにK氏を訪ねた。K氏は彼女を車の中に招き入れ、性行為に及ぼうとしたが、激しく抵抗されたため、未遂に終わった。

K氏はイさんに電話をかけ、「年を取っているし、韓国に来てからかなり経つのにまだ新体操界がどう動いているのかわからないのか」「そんなことをすると新体操のためにならない、お前の味方など皆無だ」と脅迫した。

それにしても、なぜ脱北者であるイさんは上司のK氏を訴えられなかったのだろうか。

まず、女性であることに加え、韓国のスポーツ界は上下関係に厳しく、上司に不条理なことをされても耐えるしかないという状況が最近に至るまで続いてきたことがある。同時に、法治主義とは言い難い北朝鮮で暮らしてきた脱北者は、最低限の法律の知識や概念すら持ち合わせていないことが多いことも挙げられる。

(参考記事:脱北女性、北朝鮮軍隊内の性的暴力を暴露「人権侵害と気づかない」

韓国の慶南大学極東問題研究所が2011年に脱北者74人を対象に調査した結果では、法律に含まれるものとして90.5%が「最高指導者の指示」、86.5%が「保衛部(秘密警察)や保安署(警察署)の布告」を挙げたのに対して、「憲法、刑法、行政法」などの成分法を挙げた人は79.7%に留まった。また、法が存在する理由として最も多かったのは「最高指導者の便宜に合わせて政治を行うため」(81.1%)という回答だった。

法治社会では、法律は自らの権利を守るためのものとして受け止められるが、人治社会の北朝鮮で、法律は自らを痛めつける支配者の命令に過ぎないということだ。そのような意識を抱えたまま韓国にやってきた脱北者は、法律について知らないために、犯罪の被害に遭うことが多い。

そもそも北朝鮮では性暴力の概念が希薄で、男性上司が女性の部下に「(朝鮮労働党)の党員にしてやる」などともちかけ、性上納を強いる行為が横行していた。自分のされたことが性暴力であったことに気づくのは、脱北して韓国に来てからというケースが多いという。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

脱北女性が、韓国で性暴力の被害に遭う事例も後を絶たない。

韓国女性家族省が2012年に発表した「暴力被害脱北女性カスタマイジング自立支援方案研究」という報告書によると、脱北後に性暴力の被害を受けた経験があると答えた脱北女性は全体の44.3%に達した。これは韓国女性の平均4.7%の10倍近い。

(参考記事:韓国で「性暴力」の餌食になる脱北女性たち…被害は一般女性の10倍

しかし、イさんは韓国生活が長くなるにつれ、意識が変わったのだろうか。ついに重大決心をした。

「大韓民国で夢を抱いて成功するには、体を捧げなければならないのか」として、上部団体の大韓体育会に、K氏の性暴力について文書で内部告発を行ったのだ。それを受け、体育会は内部監査を進めた。しかし、聞き取り調査の1週間前にK氏は辞職した。そして彼女が体育会のメンバーではなくなったため、監査はそれ以上、進まなくなってしまった。

真相は闇に埋もれるかと思いきや、2年後に事態が動き出した。K氏は大韓体操協会の副会長に復帰しようとしたが、大韓体育会は内部監査の途中経過を元にして「不適格者」と見なし、承認を拒否したのだ。K氏は処分を不服として告訴し、「イさんと内縁の関係にあった」と訴えた。その事実を確認する証言者の書類も提出したが、これは後にでっち上げであることが判明している。

今度はイさんの側が、K氏を強姦未遂で警察に告訴した。しかし彼女は、捜査過程で強姦未遂の再現動画を撮影するよう要求されるなどのセカンドレイプの被害に遭っている。これについて、捜査を担当したソウル地方警察庁性暴力捜査隊の担当者は、逮捕令状を請求したが検察が不起訴を主張し、再捜査を要求したためだと弁明した。

民事裁判は、2人は恋人関係ではなく体育会の承認拒否は妥当だったとの判決を下した。一方、イさんの告訴に対して検察は「車内でズボンと下着を降ろすのは難しい」という理由で不起訴処分を下した。イさんはまた、同じ業界の関係者から支援を受けるどころか「K氏は辞めた。それでよいではないか。訴えるのはやめるべきだ」と告訴を取り下げるよう促された。イさんは、それがまた悔しかったと語った。

インタビュー中、イさんは何度も嗚咽を繰り返しながら切々と自らの被害について訴え、「悔しい思いをした人の心情をなぜわかってくれないのか。結局はここで生まれた人の味方か」と、韓国社会の脱北者に対する差別が今回の件の背景にあると述べた。そして、加害者K氏についてこう表現した。

「もはや人と呼べない。ただただ邪悪。私はそう呼んでいる」

(参考記事:人権侵害の告発を始めた北朝鮮の女性たち・・・十代で売られる少女、軍隊内での性暴力の横行