また、米国は対北朝鮮制裁を合理化するために、「マネーロンダリングだの、テロ資金支援だのとして言い掛かりをつけた」とし、「今や国連の『制裁決議』を『国際的基準』に包装して大量殺りく兵器拡散資金支援という新しい口実を設けて持ち出している」と指摘した。

その上で、「われわれの核戦力は米国のいかなる核の威嚇も粉砕し、米国が冒険的な火遊びをできないようにする平和守護の霊剣」であるとし、「世界最大の核兵器保有国であり、こんにちもその維持と近代化のために天文学的な資金をつぎ込んでいる米国を厳しく問題視し、米国に制裁を加えるべきであろう」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事