北朝鮮の国連代表部は22日、国連事務総長を非難する公報文を発表した。朝鮮中央通信が26日、伝えた。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は16日、ドイツで開催された第54回ミュンヘン安全保障会議で演説し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対して圧力をかけ続けることが不可欠だと述べた。

公報文は、「朝鮮半島の核問題は徹頭徹尾、米国によって生じ、米国によってこんにちの域に至った。したがって、その全責任は米国にある」と指摘した。