北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は25日、トランプ米政権が新たな対北朝鮮独自制裁を発表したことを非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

トランプ米政権は23日、北朝鮮への石油や石炭の海上密輸など、国連安保理決議の制裁逃れに関与した56の船舶や海運会社などを対象にした新たな制裁措置を発表。トランプ氏は制裁が機能しなければ「第2段階に移ることになる」「それは手荒いものになるかもしれない」などと述べた。

こうした動きに対して談話は、「トランプ一味がこんな制裁や暴言でわれわれをどうにかしてみようとする自体がわれわれに対する無知をさらけ出したことである」と指摘した。