北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は25日、トランプ米政権が新たな対北朝鮮独自制裁を発表したことを非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

トランプ米政権は23日、北朝鮮への石油や石炭の海上密輸など、国連安保理決議の制裁逃れに関与した56の船舶や海運会社などを対象にした新たな制裁措置を発表。トランプ氏は制裁が機能しなければ「第2段階に移ることになる」「それは手荒いものになるかもしれない」などと述べた。

こうした動きに対して談話は、「トランプ一味がこんな制裁や暴言でわれわれをどうにかしてみようとする自体がわれわれに対する無知をさらけ出したことである」と指摘した。

また、「すでに数回にわたって闡明した通り、われわれはいかなる封鎖もわれわれに対する戦争行為と見なし、米国が本当にわれわれに『荒く』立ち向かう胆力があるなら、われわれはわざわざ止めさせないであろう」と述べた。

その上で、「米国があくまでもわれわれに手出しをし、挑発をしかけるなら、われわれは米国が荒く出ようと、荒っぽく狂気を振るおうと、朝鮮式の対応方式で米国を手なずけ、馴らすであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人 朝鮮半島に対決と戦争の火雲をまたもやもたらしている米国を糾弾

【平壌2月25日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは25日、次のような談話を発表した。

最高指導者金正恩委員長は今年の新年の辞で、北南関係を改善し、朝鮮半島で平和的環境を作り出し、平昌で開催される冬季オリンピックの成功裏の開催のために極力努力する意志を闡明(せんめい)した。

わが最高指導部の崇高な民族愛と平和守護の大勇断によって北南間にせっかく対話と協力が成され、北南が力を合わせてオリンピック行事も成功裏に行った。

しかし、米国はオリンピックの閉幕を控えて大規模な反朝鮮制裁措置を取りながら朝鮮半島に対決と戦争の火雲をまたもやもたらそうと狂奔している。

トランプは、今回にわれわれと他国との海上貿易を完全遮断することを骨子とする制裁措置を発表し、この制裁が効かなければ「きわめて荒い第2段階」の行動をするようになるという暴言でわれわれを露骨に脅かした。

トランプ一味がこんな制裁や暴言でわれわれをどうにかしてみようとする自体がわれわれに対する無知をさらけ出したことである。

われわれはまさに、米国のこのような威嚇に対処して自分を守るための正義の霊剣である核兵器を保有した。

すでに数回にわたって闡明した通り、われわれはいかなる封鎖もわれわれに対する戦争行為と見なし、米国が本当にわれわれに「荒く」立ち向かう胆力があるなら、われわれはわざわざ止めさせないであろう。

同胞の念願通りに北南関係を良好に発展させ、朝鮮半島の平和と安定を守るためにわれわれが傾けるあらゆる誠意と努力を無視して米国があくまでもわれわれに手出しをし、挑発をしかけるなら、われわれは米国が荒く出ようと、荒っぽく狂気を振るおうと、朝鮮式の対応方式で米国を手なずけ、馴らすであろう。

米国の軽挙妄動によって朝鮮半島の情勢がまたもや戦争の瀬戸際へ突っ走る場合、それから生じる全ての惨禍は米国の頭上に浴びせかけられるであろう。---

    関連記事