北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会のスポークスマンは25日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部に銃弾が撃ち込まれた事件をめぐり、日本を非難する談話を発表した。

23日午前3時50分頃、東京・千代田区の朝鮮総連中央本部に数発の銃弾が撃ち込まれ、右翼活動家と右翼関係者の男2人が逮捕された。右翼活動家は日頃から、差別・排外主義的な言動で知られている人物だった。

談話は、北朝鮮と朝鮮総連に対して「日本当局と右翼反動層のヒステリックな狂気がきわめて重大な段階で繰り広げられている」と指摘した。