北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会のスポークスマンは25日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部に銃弾が撃ち込まれた事件をめぐり、日本を非難する談話を発表した。

23日午前3時50分頃、東京・千代田区の朝鮮総連中央本部に数発の銃弾が撃ち込まれ、右翼活動家と右翼関係者の男2人が逮捕された。右翼活動家は日頃から、差別・排外主義的な言動で知られている人物だった。

談話は、北朝鮮と朝鮮総連に対して「日本当局と右翼反動層のヒステリックな狂気がきわめて重大な段階で繰り広げられている」と指摘した。

また、「歴代の日本政府と右翼反動層が総聯組織と在日同胞にありとあらゆる悪行を働いてきたが、朝鮮の主権が行使される神聖な領域である総聯中央会館にあえて、射撃だけはできなかった」と指摘した。

つづけて、事件について「日本の右翼ごろつきのテロ行為」としながら、「日本の反動層が朝鮮半島の情勢を極度に緊張させ、これを機会にして軍国主義復活と『大東亜共栄圏』の昔の妄想を実現してみようとする陰険な企図の下で朝鮮と総聯を相手に強行された故意の政治的挑発であり、極悪非道な犯罪である」と非難した。

さらに、「日本当局がいつまでも遂げられない妄想を実現してみようと狂奔したあげく、右翼ごろつきに武器まで与えて総聯中央会館に射撃をしたのは朝鮮に対する露骨な挑戦であり、総聯に対する全面弾圧の前奏曲である」と述べた。

その上で、「日本当局は、総聯中央会館に対する銃撃事件の背後と真相を根掘り葉掘り究明し、今回の事件の主犯者、共犯者を厳罰に処し、二度と総聯と在日同胞に対する強力犯罪とテロ行為が発生しないように特段の措置を取るべきであろう」と忠告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮ア太委代弁人 日本当局は総聯と在日同胞に対するテロ行為が発生しないように特段の措置を取るべきだ

【平壌2月25日発朝鮮中央通信】朝鮮アジア太平洋平和委員会(ア太委)のスポークスマンは最近、朝鮮と総聯(朝鮮総聯)に反対する日本当局と右翼反動層のヒステリックな狂気がきわめて重大な段階で繰り広げられていることで25日、これを糾弾する談話を発表した。

去る2月23日の未明3時50分頃、武装を手にした日本の右翼分子である二人の奴が総聯中央常任委員会が位置している会館に数発の銃弾を乱射する極悪なテロ犯罪を働いた。

総聯中央常任委員会は総聯組織と在日同胞の尊厳と権益を代弁し、朝日両国間に国交がない現状態で朝鮮の外交代表部的役割を果たす機関である。

談話は、総聯が結成されてこんにちまで歴代の日本政府と右翼反動層が総聯組織と在日同胞にありとあらゆる悪行を働いてきたが、朝鮮の主権が行使される神聖な領域である総聯中央会館にあえて、射撃だけはできなかったと明らかにした。

総聯中央会館に対する日本の右翼ごろつきのテロ行為は単に偶発的な事件ではなく、日本の反動層が朝鮮半島の情勢を極度に緊張させ、これを機会にして軍国主義復活と「大東亜共栄圏」の昔の妄想を実現してみようとする陰険な企図の下で朝鮮と総聯を相手に強行された故意の政治的挑発であり、極悪非道な犯罪であると糾弾した。

談話は、日本当局が逮捕された犯罪者らに対する調査劇を演じながら、まるで今回の事件がある個別的な団体や個人によって生じた犯行のように世論をまどわしてしらを切っているが、これは自分らの凶悪な企図を覆い隠すためのお粗末な弁解にすぎないとし、次のように強調した。

日本当局がいつまでも遂げられない妄想を実現してみようと狂奔したあげく、右翼ごろつきに武器まで与えて総聯中央会館に射撃をしたのは朝鮮に対する露骨な挑戦であり、総聯に対する全面弾圧の前奏曲である。

日本の反動層が反朝鮮・反総聯抹殺策動に狂奔するほど、平和の破壊者、戦争屋としての日本の醜悪な本性がよりいっそう世界の面前に赤裸々にさらけ出されるだけである。

日本当局は、総聯中央会館に対する銃撃事件の背後と真相を根掘り葉掘り究明し、今回の事件の主犯者、共犯者を厳罰に処し、二度と総聯と在日同胞に対する強力犯罪とテロ行為が発生しないように特段の措置を取るべきであろう。---

    関連記事