北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は23日、核開発の継続をアピールする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米国が北朝鮮の核放棄を条件に対話の可能性を示唆していることに対する反発と思われる。

論説は、「朝鮮が自分の力をいっそう磐石のごとく打ち固めるのは至極正当である」とし、「わが軍隊はすでにその威力と信頼性が確固と保証された核弾頭と弾道ロケットを実戦配備することに拍車をかけている」と強調した。