北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は23日、核開発の継続をアピールする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米国が北朝鮮の核放棄を条件に対話の可能性を示唆していることに対する反発と思われる。

論説は、「朝鮮が自分の力をいっそう磐石のごとく打ち固めるのは至極正当である」とし、「わが軍隊はすでにその威力と信頼性が確固と保証された核弾頭と弾道ロケットを実戦配備することに拍車をかけている」と強調した。

また、「米国とその追随勢力がわれわれの核を『世界の平和と安全に対する脅威』に罵倒するのは自分らの破滅を予感した者らの悲鳴にすぎない」と指摘した。

さらに、「いかなる制裁も、挑発も、威嚇もわれわれの核保有国地位を絶対に崩すことはできない」と述べた。

その上で、「朝鮮が核を放棄することを願うのは、海水が干上がるのを待つことよりもっと愚かな行為である」とし「朝鮮と平和的に共存するという立場を取るのが賢明な選択である」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮の核戦力は平和守護の強力な霊剣

【平壌2月23日発朝鮮中央通信】23日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、朝鮮の核戦力は米国のいかなる核威嚇と恐喝にも断固と対処していくことのできる平和守護の強力な霊剣であると明らかにした。

同紙は、朝鮮が自分の力をいっそう磐石のごとく打ち固めるのは至極正当であるとし、次のように指摘した。

侵略と略奪を本性としている帝国主義者に譲歩し、哀願するのは自滅を招く愚行である。

侵略者、挑発者が少しでも動くなら一人残らず掃滅できる軍事的力が強くてこそ、真の平和と安全を保障することができる。

わが軍隊はすでにその威力と信頼性が確固と保証された核弾頭と弾道ロケットを実戦配備することに拍車をかけている。

米国とその追随勢力がわれわれの核を「世界の平和と安全に対する脅威」に罵倒するのは自分らの破滅を予感した者らの悲鳴にすぎない。

それだけ、わが国家の核が侵略者に恐ろしい懲罰の鉄槌になるということを実証することになるだけである。

いかなる制裁も、挑発も、威嚇もわれわれの核保有国地位を絶対に崩すことはできない。

朝鮮が核を放棄することを願うのは、海水が干上がるのを待つことよりもっと愚かな行為である。

戦略国家に急浮上した朝鮮と平和的に共存するという立場を取るのが賢明な選択である。---

    関連記事