2月16日の金正日故総書記の誕生日に合わせ、各国の使節団が北朝鮮を祝賀訪問したと23日、朝鮮中央通信が伝えた。

故金総書記の誕生日は北朝鮮で「光明星」節と呼ばれ、祝日となっている。

同記事では、1月30日から2月16日にかけて訪れた使節団を羅列する形で紹介している。

キューバ、イラン、メキシコ、ロシアをはじめとする14の国から、20以上の使節団が北朝鮮を訪れたとした。北朝鮮の外交関係の一端がうかがえる顔ぶれだ。

使節団の構成は様々。共産党などの政党や、友好協会、チュチェ思想研究所や舞踊団などの他に企業の名前も挙がっている。

同通信が伝えた使節団のうち代表的なものは、「キューバ革命武力省政治局の副局長一行、ネパール共産党(マルクス・レーニン主義)中央委員会書記長、ロシア共産党中央委員会書記、ラオス国防相」などとなっている。