人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

それによると、北朝鮮の国務委員会は今月9日、中国企業に水豊ダムの電気を輸出するプロジェクトを批准し、現在進めている。今回の電気輸出で得られる収入は1ヶ月に6万ドルから10万ドル(約642万円〜1070万円)と予想されている。上述の協定でかなり安い値段が策定されているらしく、大した金額にはならない。

北朝鮮の核・ミサイル開発に対して、国際社会は制裁を強めている。石炭などの鉱物や海産物の輸出、労働者の海外派遣、海外での北朝鮮レストランの展開、繊維製品の海外からの委託加工など、北朝鮮の外貨稼ぎのルートは制裁であらかた塞がれてしまった。

そんな状況下で、北朝鮮当局が目をつけたのが電気だったのだ。

    関連記事