北朝鮮の国際問題研究院人権研究所の研究者リ・ヘヨン氏は22日、従軍慰安婦問題をめぐり日本の安倍政権を非難する文を発表した。

南北対話が進む中、北朝鮮は日本と米国に対する非難を強めている。一方、韓国への非難は控えている。リ氏の文は日米韓の分断を狙ったものと見られる。

リ氏は、「性奴隷犯罪と言えば同義語のように思い浮かべるのがまさに日本だ」とし、「数十万人に及ぶ朝鮮と諸国の女性に恥辱の性奴隷の運命を強いたのに、世紀が変わるまでいささかの呵責や反省さえない最も醜悪で厚顔無恥な犯罪国であるからだ」と指摘した。