北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は19日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控えて米韓両軍が実施した合同訓練をめぐり、米国を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米韓両軍は、北朝鮮国内に入って核兵器などを含む大量破壊兵器を除去することを想定した訓練「ウォーリアー・ストライク」を行った。韓国軍当局が1日、発表した。

論評は、訓練に対して「良好に進んでいる北南関係改善の流れをあくまでも阻もうとする戦争狂信者の挑発行為としか見られない」と指摘した。