北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は16日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係者が逮捕された件を巡り、日本の安倍政権を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

警視庁公安部と埼玉県警の合同捜査本部は先月31日、中古の英語教材を無許可で売買していたとして、古物営業法違反(無許可営業)の疑いで朝鮮総連葛飾支部の前委員長を逮捕した。同件に対し、北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は11日の論評で、労働新聞の14日の論評でも反発していた。

論評は、「安倍一味が総聯を相手に殺風景を引き続き広げている」とし、その目的は「日本の社会に反朝鮮、反総聯雰囲気を鼓吹させ、朝鮮の尊厳ある海外公民団体である総聯を完全に崩そうとするところにある」と指摘した。

また、「歴史的に日本の右翼反動支配層は、自分らの対朝鮮敵視政策、軍事大国化野望が破たんの危機に陥るたびに総聯を圧迫し、弾圧したりした」と非難した。

その上で、「日本の反動層が反総聯策動に狂奔するほど、それだけ改心を知らない厚顔無恥な戦犯国、醜悪な人権蹂躙者としての日本の正体だけを世界の面前に赤裸々にあらわにするだけである」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 反総聯策動に狂奔する安倍一味の腹黒い下心を暴露

【平壌2月16日発朝鮮中央通信】去る1月31日、日本の警察当局は元総聯(朝鮮総聯)葛飾支部委員長を「古物商法違反」という容疑で逮捕、連行した。

その翌日には、総聯組織に送金した記録が彼の通帳にあるというとんでもない理由を口実に総聯東京都本部と総聯東京都本部副委員長兼宣伝文化部長の家宅、朝鮮学校を支援するために設立された「未来財団」の事務所を強制捜索する劇を演じた。

16日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、安倍一味が総聯を相手に殺風景を引き続き広げている目的は日本の社会に反朝鮮、反総聯雰囲気を鼓吹させ、朝鮮の尊厳ある海外公民団体である総聯を完全に崩そうとするところにあると暴露した。

同紙は、ひいては朝鮮半島情勢を激化させて自分らがしつこく追求してきた軍国主義野望を実現することのできる条件と口実を設けようとするところにあると明らかにし、次のように指摘した。

歴史的に日本の右翼反動支配層は、自分らの対朝鮮敵視政策、軍事大国化野望が破たんの危機に陥るたびに総聯を圧迫し、弾圧したりした。

日本の反動層は、総聯抹殺を自分らの対朝鮮敵視政策を実行するためのテコに悪用している。

日本の反動層が反総聯策動に狂奔するほど、それだけ改心を知らない厚顔無恥な戦犯国、醜悪な人権蹂躙(じゅうりん)者としての日本の正体だけを世界の面前に赤裸々にあらわにするだけである。---

    関連記事