北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、トランプ米政権が2日に公表した「核態勢の見直し(NPR)」を非難する論評を配信した。

トランプ米政権が公表したNPRは、核巡航ミサイルなど新兵器開発を打ち出し、通常兵器による攻撃にも核で報復する可能性を記した。

論評は、NPRが「自国と友邦国に対する北朝鮮の核攻撃を絶対に許さない、核兵器を使用して生存できる場合はない、北朝鮮のいかなる攻撃も『政権の終えん』につながると言い触らしている」とし、「朝鮮半島をはじめ世界を相手に核先制攻撃も辞さないというごろつき国家の露骨な宣戦布告である」と非難した。