北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、トランプ米政権が2日に公表した「核態勢の見直し(NPR)」を非難する論評を配信した。

トランプ米政権が公表したNPRは、核巡航ミサイルなど新兵器開発を打ち出し、通常兵器による攻撃にも核で報復する可能性を記した。

論評は、NPRが「自国と友邦国に対する北朝鮮の核攻撃を絶対に許さない、核兵器を使用して生存できる場合はない、北朝鮮のいかなる攻撃も『政権の終えん』につながると言い触らしている」とし、「朝鮮半島をはじめ世界を相手に核先制攻撃も辞さないというごろつき国家の露骨な宣戦布告である」と非難した。

また、「世界最大のホットスポットである朝鮮半島で核兵器をまるで通常兵器のように振り回すということこそ、新たな熱核大戦の開始を宣布したこと同様である」と述べた。

さらに、「NPRとは絶対的な核優位に基づいて世界制覇野望をなんとしても実現しようとする米国の腹黒い下心をありのままさらけ出した『核先制攻撃命令書』『核戦争指令書』に他ならない」と非難した。

つづけて、「米国は、核兵器を使用して生存できる場合はないという自分らの妄言が核の眩暈症に陥って無分別にのさばる自分の帝国に切実に当てはまるということをつねに銘記すべきである」と強調した。

その上で、「火を好む者は焼け死にするものであり、米国が暴悪の核に執着するほど『唯一超大国』の安保と未来はいっそう危なくなるだけである」と忠告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

ごろつき国家の露骨な核宣戦布告 朝鮮中央通信社論評

【平壌2月13日発朝鮮中央通信】最近、米国が「2018核戦略態勢の見直し(NPR)」なるものを発表した。

米国はこの報告書で、わが共和国が中国、ロシア、イランと共に米国と同盟国に「重大な脅威」になっているので、それに備えて戦略核兵器の近代化と「低強度小型核兵器」の開発に着手し、核兵器の使用条件に関連して自国と同盟国が核攻撃を受けた時だけでなく、非核兵器の攻撃を受ける場合にも対応すると明記した。

そして、自国と友邦国に対する北朝鮮の核攻撃を絶対に許さない、核兵器を使用して生存できる場合はない、北朝鮮のいかなる攻撃も「政権の終えん」につながると言い触らしている。

これは、平和と安全を願う人類に対する欺まん、愚弄であり、朝鮮半島をはじめ世界を相手に核先制攻撃も辞さないというごろつき国家の露骨な宣戦布告である。

今、われわれの主動的で積極的な同胞愛的措置によって、朝鮮半島には北南間の関係改善と情勢緩和の新たな気流が形成されて内外の大きな支持と関心を呼び起こしている。

しかし、米国は原子力空母カール・ビンソン、核戦略爆撃機B2、B52をはじめ核戦略装備を南朝鮮とその周辺に大々的に投入して情勢をまたもや一触即発の核戦争の局面へ追い込んでいる。

時を同じくして、米国は核兵器の使用範囲を自国と同盟国に対する在来の兵器攻撃の際にも使用できるように拡大するということを公表した。

世界最大のホットスポットである朝鮮半島で核兵器をまるで通常兵器のように振り回すということこそ、新たな熱核大戦の開始を宣布したこと同様である。

元米国家安全保障会議軍縮、核拡散防止担当特別補佐官のジョン・ウルフスタルは、核兵器が多いほど核戦争が爆発する可能性も大きくなるとし、今回の報告書はきわめて「愚鈍な行為」と評し、米核専門家のジン・ロルフもこれは全面的な核戦争を容易に招くであろうと主張した。

トランプ行政府の核政策の危険性に対して米政界と軍部、学界の人士さえ懸念を表したかとすれば、民主党所属米議会上院議員のダイアン・ファインスタインは「『制限的な核戦争』などあり得ない」と反対した。

国際社会も、米国が全世界を再び冷戦へ導いている、低強度核兵器は実戦に使用する可能性が高いので、むしろ核戦争を招く導火線になりかねない、トランプが無謀な道についていると断罪、糾弾している。

結局、NPRとは絶対的な核優位に基づいて世界制覇野望をなんとしても実現しようとする米国の腹黒い下心をありのままさらけ出した「核先制攻撃命令書」「核戦争指令書」に他ならない。

米国は、核兵器を使用して生存できる場合はないという自分らの妄言が核の眩暈症に陥って無分別にのさばる自分の帝国に切実に当てはまるということをつねに銘記すべきである。

朝鮮は平和を重んじるが決して哀願せず、朝鮮半島の平和と安定を破壊する行為に対しては断固と対応していくであろう。

火を好む者は焼け死にするものであり、米国が暴悪の核に執着するほど「唯一超大国」の安保と未来はいっそう危なくなるだけである。---

    関連記事