北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は11日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係者が逮捕された件を巡り、日本の「腹黒い下心」を示すものだとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

警視庁公安部と埼玉県警の合同捜査本部は1月31日、中古の英語教材を無許可で売買していたとして、古物営業法違反(無許可営業)の疑いで在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)葛飾支部の前委員長を逮捕。翌日、関係先を捜索した。報道によれば、容疑者の口座からは、支部の上位組織に当たる朝鮮総連東京都本部の幹部のものとみられる口座への送金があったとされる。

これに対し論評は、「送金記録は通帳の主が朝鮮総連支部の幹部として在勤していた時期に、総連東京都本部の宣伝文化事業担当幹部に『朝鮮新報』など出版物の代金を送った記録であって、いわゆる『古物商法違反』とは何の関係もない」と反発。

朝鮮総連に対する捜査には「陰険な政治的企図が潜んでいる」と主張した。