北朝鮮の高位級代表団が9日午後、専用機で韓国の仁川国際空港に到着した。平昌冬季五輪開幕に合わせた訪韓で、憲法上の国家元首である金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長が団長を務め、金正恩党委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)党中央委員会第1副部長、崔輝(チェ・フィ)国家体育指導委員長、李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長らが団員となっている。

金日成主席に始まる指導者ファミリーの訪韓は初めて。

空港では韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相や千海成(チョン・ヘソン)同次官、青瓦台(大統領府)国家安保室の南官杓(ナム・グァンピョ)第2次長らが出迎えた。

代表団は同日夜の平昌五輪開会式に出席し、10日には文在寅(ムン・ジェイン)大統領と面会。11日に帰国する。