北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は8日、日本の安倍晋三首相や小野寺五典防衛相を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

安倍氏は先月22日、衆院本会議で施政方針演説を行い、「積極的平和主義」の旗の下、世界の平和と繁栄に力を尽くすと述べた。また小野寺氏は23日、北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させていることを踏まえ、防衛力整備の指針となる「防衛計画の大綱」を今年末に見直す方針を表明した。

論評は、こうした動きに対して、「『平和』のベールをかぶって自国を戦争ができる国家になんとしてもつくってみようとする日本反動層の海外膨張野心の集中的発露である」と指摘した。