北朝鮮の対南宣伝団体である民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは7日、韓国の保守勢力が「極度の反共和国対決狂気を振るってさらに必死になってあがいている」と非難する談話を発表した。

韓国の保守系市民団体「大韓愛国党」は、平昌(ピョンチャン)冬季五輪をきっかけに進んでいる南北対話に反発し、金正恩党委員長の肖像画や北朝鮮国旗を燃やすなどの抗議行動を展開。訪韓する三池淵(サムジヨン)管弦楽団のメンバーらを乗せた貨客船「万景峰(マンギョンボン)92」号が6日に到着した際には、「北朝鮮に帰れ」などの声を投げかけた。