北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、トランプ米大統領の一般教書演説に対して「正常な思惟機能が麻痺した狂人のヒステリックな狂気」と非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

トランプ氏は先月30日(現地時間)、連邦議会で今後1年間の内政と外交の方針を示す初の一般教書演説を行った。このなかで北朝鮮の核・ミサイル問題や人権問題について言及したことに対して論評は、「朝鮮に対する我慢できない政治的挑発であり、ごろつき頭目の横暴な恐喝であると同時に、正常な思惟機能が麻痺した狂人のヒステリックな狂気である」と非難した。