北朝鮮の金正恩党委員長は2013年12月、叔父にあたる張成沢(チャン・ソンテク)国防副委員長を処刑し、世界に衝撃を与えた。それに続き、張氏の家族、親戚、部下など多くの人々が粛清されたと伝えられている。

その中に、一時は北朝鮮の銀幕スターだった女優キム・ヘギョンがいる。彼女は張成沢とどのような関係にあったのか。

キム・ヘギョンの生い立ちは詳らかでないが、脱北者で平壌中枢の人事情報に精通する李潤傑(イ・ユンゴル)北朝鮮戦略情報センター代表によると、彼女の元々の所属先は朝鮮労働党中央の組織指導部5課、つまりは「喜び組」だったという。以下、李氏の説明をもとに、彼女の波乱に満ちた半生を辿ってみる。