9日開幕の平昌冬季五輪に合わせ、韓国で公演を行う北朝鮮の芸術団が5日、平壌を出発した。朝鮮中央通信が伝えた。

芸術団は東海岸の元山(ウォンサン)で貨客船・万景峰(マンギョンボン)92号に乗り、6日午後に五輪開催地に近い江原道東海市の墨湖(ムッコ)港に入る。

芸術団を率いるのは北朝鮮文化省のクォン・ヒョクポン局長と三池淵(サムジヨン)管弦楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長で、平壌では朝鮮労働党の朴光浩(パク・クァンホ)副委員長と金正恩党委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)党政治局委員らが一行を見送った。