北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は3日、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)創建70周年を記念する8日の閲兵式(軍事パレード)を巡り、韓国メディアや保守野党が「重大な挑発」であるなどと主張していることについて、「同族の慶事に対するせん越で破廉恥なたわごと」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、聯合ニュースと朝鮮日報、中央日報、東亜日報、自由韓国党の金成泰院内代表と正しい政党の劉承旼代表、河泰慶最高委員らを名指しして非難。

さらに、「問題は、南朝鮮当局が北南関係改善の流れを阻もうと極悪な対決妄動に執着しているかいらい保守一味の顔色をうかがい、曖昧で、優柔不断な態度を取っていること」だとして、韓国政府にも非難の矛先を向けた。

そのうえで、韓国政府がそのような態度を続ければ「冬季五輪の成功にも影を落とす結果しかもたらさない」として、平昌冬季五輪への参加撤回をちらつかせ、南北対話に期待をかける韓国の文在寅政権にゆさぶりをかけた。