同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 南朝鮮のかいらい保守一味は同族の大事に対するせん越で破廉恥なたわごとを直ちに中止すべきだ

【平壌2月3日発朝鮮中央通信】3日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、南朝鮮で共和国の建軍節(2・8)記念行事に対してどうのこうのとけなし、同族の大事に水を差す不穏当な詭弁(きべん)がむやみに吐かれていることを暴露した。

「聯合ニュース」と「朝鮮日報」「中央日報」「東亜日報」をはじめとするかいらい保守メディアは、去る1月中旬から「北が人民軍創建70周年に際して大規模の閲兵式を準備している」「核武装を完成したという政治的効果を極大化しようとする意図である」と意地悪なほらを毎日のように吹きはじめた。

「自由韓国党」院内代表の金成泰、議員の金容兌、スポークスマンである張済元、鄭泰沃、「正しい政党」代表の劉承旼、最高委員の河泰慶をはじめ保守野党一味の妄言も度合いを超えている。

    関連記事