北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は2日、米国と日本が「北のミサイル脅威」説を極大化していると非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「最近、米国と日本で核恐怖症が増大する中、朝鮮の『ミサイル脅威』に備えた退避騒動がしばしば行われている」と指摘した。

米国のハワイ州では、先月13日、弾道ミサイルが飛来したことを知らせる緊急警報が、住民らに誤って配信され、現地では混乱状態となった。また、16日は、日本のNHKが「北朝鮮ミサイル発射の模様」とする誤報を配信した。