また、「米国が軍事的選択案を公開して狂気を振るっているが、朝鮮は眉一つ動かさない」とし「何をもってしても壊せない一心団結の国、強力な核打撃手段を備えたわれわれを併呑するというのは、実に愚行である」と述べた。

さらに、「もし、米帝がまたもやこの地に戦争の火をつけるなら、終局的に滅亡するであろう」と強調した。

その上で、「その時になって、誤って選んだ時間に誤って選んだ場所で誤って選んだ相手と誤った戦争を行ったと苦い告白をする者もいなくなるということを米国ははっきりと銘記すべきである」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事